雨に降られて独り言

今井翼は可愛い。

声のお仕事

今井翼アニメレイトン1話のゲスト声優決定
www.fujitv.co.jp

よっしゃ声のお仕事きた!!
声優としては何も期待してないけど!!
起用理由が大変ありがたい。

原裕和プロデューサー(フジテレビアニメ開発部)コメント
今井翼起用理由
「今井さんが主演をされた「音楽劇 マリウス」(2017年3月)を拝見した際に、その声に魅了されて、いつかお仕事がご一緒できればと思っていました。

何でプロデューサーがマリウス見に行ったのか知らないけど大変ありがたい。
きっと監督の舞台だからってので行ったんだろうなぁ。

 

ついでだからマリウスの話をしよう。個人のブログなので個人語りである。
まず山田洋次監督の「音楽劇マリウス」は2017年はしめちゃん、2018年は西畑が脇役で出るので、今年6月大阪松竹座行ける人は是非どうぞ。
www.shochiku.co.jp

 


マリウスね、綺麗にまとまってる舞台だなと思ったの。
映像監督が手がけてるものだから間違いなく監督の中にはカット割りとか焦点があって、後ろで動いてる脇役たちは映像の中でもきっと背景に馴染んでその箱庭世界を作ってるんだろうって。
でも舞台ですといわれると私には少し物足りないなと思った。
私の思う舞台というものはもっと大げさで、ステージをいかに越えて客席まで到達するか?みたいなものだったから、それとは違ったわけね。
監督の指示がそもそもナチュラルな演技で、役者は皆その通りであるし舞台もその通りになっていた。
(ちなみにシメもちらっと歌というほどでもなく歌っていたが良かった。あそこに放り込まれて違和感は一切なかったし可愛かった)
だから綺麗にまとまっている、舞台を映像視点で見た時に枠内に収まっているって感じたの。
役者は監督に従い、監督はおそらく思ったままに舞台を作った。ということを考えると物凄く成功している。
けどそれが"舞台"として映えるのかは別だったのかなと言うのが私の印象。
舞台は音や振動を直に伝えるものでしょ。ライブ。だからそれ基準だと違うよなって。
で、マリウスの中で翼は何曲か歌うのだ。申し訳ないけど何回歌ったのかを覚えていない。
なぜなら私は2017年の1月から滝翼を検索し、2月にFCに入り、3月のマリウスをFC通さずにチケットを取って1回のみ行っている。
マリウスに行ったのも新春コン円盤を見て翼の歌えてなさに今どうなってんのかな?という思いで行った。要するにそこまでヲタじゃなかった。
私の席は左後方、後ろから2列目とかだったの。
オペラグラスを持参せず借りもせず私は全体を見てた。その感想が↑の通りなわけだけど、翼の歌声はそこまで通るのよ。
大げさでなく声を張り上げることもない演技の続く中、翼の歌にうわって声が出そうになったし歌ってる時は息を殺してたわ。
ああこの子大丈夫なんだって、その何曲歌ったかもどんなメロディだったかも一切覚えていないマリウスの歌で感じたことだけを覚えている。
最後にフラメンコ踊ってるよというのは知ってて、それも当然見たわけだけど私の印象が歌だけなのは歌声ヲタとしては仕方のないことだったと思う。

今年のマリウス監督が変更入れてくるのは何かなって想像がつかない。もっと大げさにしてくるのか、それともそういう変化はさせずに細部の調整をしてくるのか。なんだったらお歌増やしてくれてもいいよと思ってるけど私は今年行けないのだ…はぁ
だから円盤出してくれって松竹に出してるし事務所に舞台映像化してって送りつけてるんだけどまぁ無理だろうなとも思っている。
だって外部舞台の映像化ってほぼされてないよね。たぶんされたの数えるほうが早いんじゃないの? けど送る。
翼が今後も主戦場を舞台に置くなら映像化当然にしてもらわないと困る。